タッチパネルモニターが豊富な用途に〜パチパチタッチ〜

Technology

人件費削減に繋げて

オーダーエントリーシステムの費用の傾向とは

飲食店店舗などで多く利用させるのがオーダーエントリーシステムです。お客の注文を受けるホールスタッフのコストを抑えることができる、セルフオーダーシステムとなります。テーブルにタブレットなどを設置することによって、そこからお客は簡単に注文を出すことができるわけです。しかも注文ミスの発生を防ぐとともに、厨房へスムーズに注文が伝わることによって調理効率も高まることにつながります。現在ではタブレットなどの汎用的なハードを利用することによって、その導入費用を安く抑えることが可能となっています。そのオーダーエントリーシステムの構成としては、必要とするハードと運用するためのシステムソフト、そして導入設定費用等となります。さらには必要に応じて機能を追加することで、ソフトの購入費用となります。

オーダーエントリーシステムが普及するまでは、ホールスタッフがテーブルを回ってオーダーを取ることが一般的だったものです。少ない人数でホールを回るとなると配膳や片付けなども考慮すると、料理の提供が遅れるケースも多かったものです。また人が行うものですから、発注ミスも結構多く見られたものです。それから、テーブルの上に呼び出しボタンを置いておくことでテーブル回りも効率良くはなりましたが、人件費を抑えるとやはりサービス面ではしわ寄せが生じるようになったものです。そこで現在多く普及しているオーダーエントリーシステムによって、スタッフの人件費も抑えつつ、正確に注文を受けるとともにその調理においての効率化も図ることができるわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2015 タッチパネルモニターが豊富な用途に〜パチパチタッチ〜 All Rights Reserved.