タッチパネルモニターが豊富な用途に〜パチパチタッチ〜

Technology

試験を行う資格

引張試験を実施出来るところ

船舶や飛行機などを製造する時その材料の強度を知ることはとても重要です。この強度の限度を調べる事を材料試験と言います。材料試験の中には疲労試験や引張試験というものがあります。引張試験とは弾力や、伸縮性、引張った時の強さなどを測る試験の事です。一定、または変化した負荷をかける事によって測定します。引張試験を行うためには材料試験技能士という国家資格が必要となります。この材料試験技能士1級を受けるためには、7年以上の実務経験または2級を合格してから2年以上の実務経験が必要となります。引張試験は受託会社で受けられます。公共の試験場では設備の空きが無い、規定通りの試験しかしてもらえないなどの問題が出てくる場合があります。しかし民間の受託会社では臨機応変に対応してくれるので、メリットも大きいと言えます。

技術の進歩による高速化

引張試験の費用は1つの試験につき、数千円から出来るところもあります。試験場や受託会社は単なる試験だけを行う場ではなくなってきています。例えば素材の開発や研究など様々な取り組みも行っています。ですから試験を受けられる段階に至っていない素材でも開発の段階から携わってくれるところもあります。また事故があった物に関して、原因の診断や調査なども行っています。さらに必要があれば技術者の人員を提供したり、新商品の研究を行っているところもあります。大手の企業などでは高い技術力で正確に多くの試験を行う事が可能になり、時間短縮にもつながっています。通常試験では引張る荷重をかけて検査します。しかし引張試験に替わり超音波試験などを取り入れる事により、高速で試験することが出来るようになって来ました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2015 タッチパネルモニターが豊富な用途に〜パチパチタッチ〜 All Rights Reserved.